澤屋のブログ

お洒落と健康は足元から

 

 blog_01

こんにちは、水越です。

 

 生まれたばかりの赤ちゃんは、羽二重のお餅のような足をしています。

1才を過ぎたころから歩き始め、靴を履くようになりますが、5歳ぐらいまでの時期が

靴とその子の蜜月で、きちんとした靴選び、履き方をしてやることが

その子の長い人生に大きく影響するといわれています。

 

大人になって久しい私は、靴選びの重要性を痛感するようになってきました。

毎日を健やかに、気持ちよく過ごし、仕事や好きなことをするために、

自分に合った靴を履くことはとても大切です。

 

私たちの足は、実は縦にも横にも弓型にそっています。それによって上からかかる体重をバネのように逃がし

骨や筋肉への負担を減らして歩いています。靴の役割は本来、足を守ること。

構造上、かかととつま先がしっかりしていて、

履いた時、程よい空間があり、甲の部分をしっかりと支えてくれることです。

 

フットプリントというものを取ってみたことはありますか?

専門家のいる靴屋さんなどで機会があると思いますが、これによって、ご自身の足の特徴がわかります。

私は長身ですが、体つきのわりに足はそう大きくありません。かかとも小さく、甲が低く、指が長い。

どちらかというと日本人にはめずらしい形をしています。

これを知ったのはつい最近。それまでは”ダン広の下駄足”だと思っていました。

自己判断では分からないこともあります。

私の足はすでに長年間違った靴選びをしてきたことで横のアーチが下がり、

偏平足ぎみの足つきになっていました。

 

店頭でのお草履のお見立ての際、この靴選びの経験談は予想外にお客様に喜んでいただけます。

少しでもお役に立てればと思います。

 

 

足のお悩み相談、靴選びのお話会、1/20(土)の「自分の靴の見つけ方」は

ただいまお申込み受付中です。

http://www.yukisawaya.com/news/jibunnokutsu/

 

自分に合った靴選びが出来ているかが分かります。

ご都合合えばぜひ、ふるってご参加ください。

お待ちしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一覧